ビタミンC誘導体とは?C-マックスローションが人気な理由はここにあった!

ビタミンC誘導体とは?C-マックスローションが人気な理由はここにあった!

 

C-マックスローションにはあらゆる肌トラブルを改善させる効果がある「ビタミンC誘導体」が豊富に配合されています。
ビタミンC誘導体という名前はよく耳にするけれどどんな成分なのかは知らない!という方は意外と多いのではないでしょうか。
普段使用している化粧品にもよく配合されている成分だと思いますが、どのような効果をもつ成分なのかについて気になったので詳しく調べてみました。
ビタミンC誘導体の効果についてあまり知らない方はぜひ目を通してみてください!

 

ビタミンC誘導体とはどのような成分なのか?

 

C-マックスローションにも高濃度で配合されているビタミンC誘導体とはどのような種類があり、どのような効果がある成分なのでしょうか。
詳しく調べた結果を順に紹介したいと思います。

 

ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンC誘導体は国内では1980年代の半ばから美白成分として使用されていました。
酸化しやすく壊れやすいビタミンCを、分子と結合させることでコーティングし、肌に浸透しやすく加工されたものがビタミンC誘導体と呼ばれています。
マックスローション10
効果としては、活性酸素を抑える抗酸化作用・できてしまったメラニンを還元する作用・新陳代謝の促進・皮脂分泌のコントロール・コラーゲンの生成促進作用などがあげられます。

 

ビタミンC誘導体は、比較的長い間肌トラブル改善に効果的であると認められている信用できる成分なのです。

 

ビタミンC誘導体にはどんな種類があるの?

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があり種類も多数ありますので、それぞれについて詳しく紹介させて頂きます。

  • 「リン酸アスコルビルMg」(水溶性)

原料は粉末か顆粒状でクリームや化粧水、パウダーなどに安定的に配合することができます。
生体内の「ホスファターゼ」という酵素によってビタミンCに変換されます。

  • 「リン酸アスコルビルNa」(水溶性)

リン酸アスコルビルMgよりも効果は低いですが、濃度を濃く配合しやすい特徴があります。

  • 「テトラへキシルデカン酸アスコルビル」(油溶性)

VCIPと表記されることもあり、クリームなどの油分が多い化粧品に配合されることが多いと言われています。

  • 「アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸」

APPS(アプレシエ)と呼ばれる進化型ビタミンC誘導体で、浸透力に優れている特徴があります。

 

このように、ビタミンC誘導体にはあまり名前に聞き覚えがないようなものや性質が違うものが複数あるということが調べた結果分かりました♪

 

C-マックスローションには効果的なビタミンC誘導体を高濃度配合!

 

C-マックスローションはニキビ跡の赤み・色素沈着・毛穴の凹凸の改善に効果的で、とても評判がいい化粧水です。
芸能人も多数ある化粧水の中からC-マックスローションを選び使用しているようですが、人気の秘訣は何でしょうか。
それは、C-マックスローションには非常に効果的なビタミンC誘導体が配合されており、肌トラブルが改善されることを実感できるからだと思います。
C-マックスローションに配合されているのは、医療現場やエステサロンなどでも多く使用されている「リン酸アスコルビルMg」です。
マックスローション10
リン酸アスコルビルMgはマグネシウムやミネラルを含んでおり通常のビタミンCの10倍もの浸透力があると言われています。
また、浸透・吸収が早いという特徴があるのでビタミンC本来の効果を短期間で実感することが可能なのです♪
医療現場では、浸透力をより高めるためイオン導入によって浸透させる方法が多く用いられているようです。
ドラッグストアなどで大量に販売されている化粧水には1〜2%程度しかビタミンC誘導体が配合されていないことが多く、効果はあまり感じられないものが多いと思います。C-マックスローションを試す前に、まずは毛穴凸凹・ニキビ跡・色素沈着の原因を探ろう!

 

しかし、C-マックスローションにはビタミンC誘導体が7%もの高濃度で配合されているので効果を実感しやすく、自宅にいながら医療現場で施されるような肌ケア体感できるのです!
C-マックスローションの人気の理由は品質の良さと確かな効果という点ではないでしょうか。

 

まとめ

 

ビタミンC誘導体とはどのような効果があってどんな種類があるのかについて紹介致しましたが、少しは理解して頂けたでしょうか。
C-マックスローションを含むビタミンC誘導体が配合された化粧水を今後も継続して使用しいていきたいと思う方は、効果をしっかり知っておきたいと思いますよね。
また、ビタミンC誘導体は5〜7%くらいの濃度で配合されている必要があり、それ以下のものはほとんど効果を実感できないということも分かりましたね。

 

「グルコシドタイプ」というビタミンC誘導体を配合した化粧水は、ビタミンCに変換されずに排出されてしまうため使用しても効果は実感できないままの可能性が高いと言われています。

 

しかし、市販で売られている化粧水の多くはグルコシドタイプですので本気で肌トラブルを改善したいと思う方は、注意して選ぶようにしてくださいね。